<< 新希望の党 | main | 朝日新聞10億黒字 >>

ヤクルト欧州に浸透す

0
    ヤクルト欧州に浸透す #海外#文化#拡散希望#日本国内 トトメス5世さんのブログです http://www.thutmosev.com/archives/76047339.html 引用 欧州で受け入れられるまで20年 IMG_2164 乳酸菌飲料を西洋人に勧めても理解できず、エナジードリンクのように「飲んですぐパワーが出る」ものが受けます。 欧州で乳酸菌飲料を売るのは、靴をはかない国で靴を売るようなもので、日本のメーカーは相手にもされなかった。 欧州には飲み物によって体質を改善するという考え方自体がなく、だからカフェインどばどばの健康飲料が受けました。 ヤクルト的な地味な健康飲料はなかなかブレイクせず、90年代から欧州で販売したが注目度は低かった。イギリスでは2009年に「原因不明の病気の子供がヤクルトを飲んだら治った」という奇妙な事件があった。報道によると子供は抗生物質で腸内細菌がダメージを受け、乳酸菌を取り入れることで、2日で回復した。 英独仏など欧州各国のスーパーで売られるようになって、やっと乳酸菌飲料が理解されるようになった。 赤ちゃんや子供用飲料、体調が優れないときなどに飲むものとして定着し、今では海外で国内の2倍以上消費している。 欧州でヤクルトが発売されたのは世紀末の1998年前後で、20年かけてようやく受け入れられた。 引用以上 日本発祥製品が世界に認められる事は嬉しいことです。特にヤクルトのように認められるまでに20年かかったと言う事は、それまでの先人たちの努力がやっと実ったと思えて、涙が自然に出てきました。追伸、カルピスお前も頑張れや。

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.11.18 Sunday
      • -
      • 13:48
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>
      PR
      selected entries
      archives
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM